今から肌ケア

自分を労わるワンステップ

手や髪でニキビを刺激しないために気をつけるポイント

calendar

reload

1日でも背中を綺麗に治すために

高価な薬を塗るよりも大切なことがあります。

その1つが「ニキビを刺激しない」事です。

 

ニキビの絶対条件

ニキビを刺激しないとは、そのものズバリ触らないことです。

普段からだのどこかしらを触るクセが誰にでもあると思いますが

おもむろにニキビを触ってしまったり、長い髪のせいで知らずとニキビに触れてしまったり

してしまうケースが多々あります。

 

かく言う私もロングヘアですので、胸や肩の開いた服を着ると

髪の毛の先端が背中や顎、頬等を刺激してしまいます。

 

できれば髪を束にまとめたり、カチューシャやヘアバン等を使って

防ぐのがいいですね。

ただ、どうしてもロングでいたい、髪を束ねると髪にがつくから束ねたくない

仕事柄束ねることができないと言う方もいらっしゃると思います。

 

そんな場合は厚手の服を着て髪の毛の侵入を防ぐとか

(着るものもコットン100%とか肌に優しいものがいいです)

髪を後ろに流すのではなく、センターで分けて両サイドから前に持ってくるなど

ちょっとした工夫が大切ですね。

 

またどうしてもニキビを触ってしまいがちな場合、

目立つアクセサリーを手につけるといいです。

 

手に付ける時は、アクセサリーを見つめながら自己暗示してみましょう♪

「このアクセサリーはニキビを綺麗にするためにつけている!」とか

「このアクセサリーを見ると、ニキビを綺麗にしようと頑張っている自分を思い出す」とか

無意識をコントロールするためにアクセサリーを付け

それを見るたびに、現在自分が何をしているのか思い出すトリガーになればOKです。

 

毎日少しずつ自分に気を向けていき、自分を大切にしていってあげて下さいね^^

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.